イレウスとは

イレウスとは何かということについてですが、これは様々なことが原因となって、腸において内容物の通過がスムーズにいかなくなったり、完全に通過できない状態になることで、腸管の内容物が肛門のほうへといかなくなることから引き起こされる病気です。
なお、この場合の内容物というのは、食べたもののことをいいます。
イレウスは、早く原因を解消しないと、全身状態がいきなり酷くなって命を落とすこともあるという恐ろしい病気なのです。
そのため、症状が引き起こされたら急いで病院に行って、適切な処置を施してもらうことが重要となります。
また、イレウスには機械的に該当するものと、機能的に該当するものとがあります。
前者は腸管の中に異物があったり、腫瘍が引き起こされることで、腸の内容物が通過しなくなるというものです。
これに対し後者は、腸に関わる神経にトラブルが起こり、腸管運動が鈍るために腸の内容物が留まって積み重なるというものです。
それから、この病気を引き起こすとどのような症状が起こるのか気になるという人もいるでしょう。
これに関しては、大便やおならが出ない状態になる、腹部が張る、腹痛、吐き気、嘔吐などが挙げられます。
そして、治療に関してですが、これは機能的か機械的かに応じて異なります。
前者の場合は、腸の運動を良くする薬を使用したり、浣腸を使用したり腹部を温かくしたりすることで、大便が出るように導く治療方法を行います。
後者の場合は、手術をすることで腸のねじれや腫瘍などの原因を解消します。
なお、腸の壊死を招く恐れがあるため、手術は早期に行うことが重要です。

 

イレウスとなる原因

イレウスの原因はいろいろありますが、開腹手術の経験があったり、結核などが引き金となって腹膜炎を発症したことがあったりすることが原因として割合が高いといわれています。
どうしてかというと、これらの経験がある人というのは、腸の癒着が起こっていたり、腸のねじれが生じやすくなっていたりするからです。
また、中高年の人が引き起こすイレウスの原因としては、腸に腫瘍が引き起こされることが割合的に高いといわれています。
大腸がんなどが該当しますが、これが引き金となって、腸の内容物が通るのを阻害するからです。
また、腸とは別のところで腫瘍が発生したときも、外側から腸が圧迫されることによって腸の通りが悪くなり、イレウスを引き起こすケースがあります。
それから、腸に内容物が詰まることで、イレウスを招くことがあります。
このため、便秘の人は注意する必要があるでしょう。
腸捻転により内容物が留まり、これに端を発してイレウスを招くようなケースもあります。
腸の活動を支配する神経系にトラブルが起こっていることも、イレウスの引き金になると指摘されています。
腸の活動が鈍ると、肛門のほうへと腸の内容物がいかなくなり、詰まってしまうからです。
以上のように、イレウスを引き起こす原因というのはかなりの数にのぼります。
強烈な腹痛、吐き気、嘔吐、便秘などの症状を伴いますので、これらに当てはまる症状に気付いたら、イレウスかもしれないと思い、病院に行くことが肝心といえるでしょう。